ミネラルファンデーションに変えただけで肌の重さが軽くなったのです。

ミネラルファンデーションを使ってまず思ったこと今までのファンデーションをのミネラルファンデーションに変えただけで肌の重さが軽くなったのです。
多分いままでのファンデは皮膚呼吸を坂たげていたのでそのように感じたのかもしれません。

スポンジでごく軽く叩きながらなじませる。

ポイントは上から下へ縦にスポンジを動かしてなじませること。

仕上げにファンデーションで押さえる。
こうすることにより、色はオデコや頬と均一ですが、ほうれい線の周りだけレフ板効果がはたらき、光の反射でにっくきほうれい線が薄くなります。ハイライトというと粉のものが多いですが、筆タイプでほうれい線周辺に、せまくのせたほうが効果的です。

お持ちでない方は、今週末のショッピングリストにいかがでしょうか?しかし、そのままお風呂に入ってしまった時のことですが、クレンジングを部屋まで取りに行くのも嫌だったので、石鹸だけで落ちると書いてあったkとを思い出して石鹸の泡をたくさん立てて洗ってみました。

そしたらなんと完全に石鹸だけで落ちてしまったではありませんか?驚きです。

ひところ韓流ブームが続き、それが単にブームに終わらずに韓国の様々な事情が以前より伝わるようになりました。以前と比べてお隣の韓国は本当に近い国になったものだと実感します。

さて最近韓国で流行しているというBBクリームの情報をお届けします。クリームなのでおいしいシュークリームの一種かなと食いしん坊の私は早とちりしました。しかしそうではありませんでした。
これは韓国の女優さんたちが愛用している化粧クリームのことです。さらに女優さんたちが愛用したことで、一般の女性の間にも瞬く間に広まったという背景があるようです。特に韓国ドラマを見ても分かるように、韓流ドラマの女優さんたちは一見、化粧をしていないかのようなナチュラルメークが特徴だといわれています。

そのメークの中心となるのがBBクリームだそうです。この特徴はファンデーションと美容クリームの効能を一つにまとめたところにあるようです。

つまり、肌の保湿、敏感肌の保護をしながら、ファンデーションのような重さを持たせず、ナチュラルな印象を与える、つまりかなり画期的な化粧クリームになる、というのがこのBBクリームの大きな魅力です。

欠点や傷を補ったり治したりする効能というとかなり大げさな感じがしますが、実はBBクリームの発祥は医療用のクリームがその起源なのです。

使われだしたのはドイツで、医療用のクリームとして使われていました。

1980年代に韓国に紹介され、エステサロンの一部で使われていました。価格はかなり高額だったようです。

しかし、昨年末からネットでBBクリームが評判を呼び、さらに韓国の有名化粧品メーカーが普及版を発売したことからBBクリームの普及に火がついたようです。また、韓琉ドラマの女優さんたちもBBクリームを愛用していると言われ、ブームにさらに拍車をかけています。

日本ではまだ一部の芸能人が使用しているといわれていますが、ネットではブームに火がつきそうな感じですが、店頭で大々的に売られている兆しはまだないようです。

ちなみに日本でBBクリームに関して発言しているのはIKKOさんやユンソナさんです。
また韓国のメーカーでは、最近はBBクリームに付加的な機能を補強した製品の開発が盛んになっているようです。
付加的な機能としては、アンチエイジング、美白、紫外線遮断などですが、この点が成功すれば、美容クリームとしての魅力と普及に拍車がかかることは間違いないでしょう。日本のネットショップでも販売していますが、多くは品切れ状態のようで、再入荷待ちといった状態が続いているようです。

美容液ファンデーション シミ消し 人気